婦人相談員の資格と仕事

婦人相談員とは、売春を行う女性に対する指導、保護が主な業務となります。

しかし近年では配偶者の暴力や家庭不和の問題に対しての相談なども行うことも多くなっており、場合によっては婦人保護施設などへの入所を勧める場合もあります。

婦人相談員の勤務地は、福祉事務所や婦人相談所となりますが、基本的な勤務形態は非常勤の公務員ということになります。

非常勤であるため、一般の公務員試験によっての募集は行っておらず、欠員がでた時点での募集という形がとられていることが大半のようですが、近年この女性問題が増加してきたことからか、常勤として働く婦人相談員も増えてきているようです。

その採用基準は各自治体によって変わってきます。

この婦人相談員は相談に乗った女性の配偶者から文句を言われたり、または訴えられることもあり、それに耐えられるだけの強い精神力が必要となってきます。

また相手の問題にしっかりと相談に乗ってあげるには、豊富な人生経験が必要とも言えるでしょう。



サブコンテンツ

福祉のお仕事

このページの先頭へ