知的障害者福祉司の資格と仕事

知的障害者福祉司は福祉事務所に配属された、知的障害者の支援を主に行う専門家です。

地域の経営者と提携し、知的障害者の就業支援を行ったり、施設などへの入所のすすめ、もしくは相談などを行うことが主な業務になります。

この知的障害者福祉司になるためには、任用資格を事前に取得し、さらに公的機関である福祉事務所の職員となるために地方公務員試験を受けなければなりません。

知的障害者福祉司の任用資格は以下の要件のいずれかを満たした人となります。

【知的障害者福祉司の任用資格】

  • 社会福祉主事任用資格を持ち、2年以上の実務経験がある者。
  • 大学にて厚生労働大臣の指定する科目を履修して卒業した者。
  • 厚生労働大臣の指定する養成施設を卒業した者。
  • 医師免許を取得した者。
  • 社会福祉士
  • 上記に準ずる知的障害者福祉司として必要な学識経験を有する者。

尚、この知的障害者福祉司の業務を5年続けると社会福祉士の国家試験を受験することができます。



サブコンテンツ

福祉のお仕事

このページの先頭へ