心理判定員の仕事

心理判定員とは主に保護者の虐待や教育の怠惰などの被害にあった児童、そして場合によっては保護者に対して心理カウンセリングなどを行う仕事です。

またこういった児童だけではなく、メンタル面に不安を持つ障害者の方たちにも同様に専門医などと提携してカウンセリングを行って問題を解決していきます。

心理判定員の職場としては児童相談所や身体障害者更生相談所などの相談指導機関や肢体不自由児更生施設、重症心身障害児施設などがあり、精神保健の知識や経験、もしくは大学や大学院で心理学関係を学んでいたことが多くの場合望まれるようです。

この心理判定員になるための資格は特に必要ありませんが、心理判定員は公務員としての仕事となりますので、地方公務員試験には合格する必要があります。

そして配属の際に希望を出し、その仕事に就くことで心理判定員という資格を手にすることになります。

心理判定員になりたいと言う方は、まずは心理学系の勉強と同時に、上級地方公務員試験の勉強もしていかなければなりません。



サブコンテンツ

福祉のお仕事

このページの先頭へ