生活相談員の業務

生活相談員は老人福祉施設や老人保健施設などでの入居者の相談、サポートをしていく業務が主となります。

入居している方の家族の相談に乗ったり、入居・退去の手続きのサポート、そして毎日の生活のプランを立てたり、入居者が安心して生活をできるようにサポートしていきます。

この生活相談員となるために資格は原則必要ありませんが、実際の求人では、「社会福祉士」「社会福祉主事」などの資格を求めるところがほとんどです。

また障害者職業生活相談員の資格の場合はは、都道府県協会が実施する「障害者職業生活相談員資格認定講習」を修了することにより得ることができます。

上記のように入居者や入居者の家族のケアなどが主な業務となりますが、書類の作成や外部との連携などもこの生活相談員の仕事となっている場合が多く、施設の中ではある意味「何でも屋」のような位置づけである場合が多くなっていようです。



サブコンテンツ

福祉のお仕事

このページの先頭へ