ホームヘルパーの仕事

ホームヘルパーとは訪問介護士のことであり、介護を必要としているお宅まで出向き介護などを行う仕事です。

このホームヘルパーの需要は年々高まってきているにも関わらず供給が間に合っていないのが現状であり、これからも高齢化が進むと言われている日本ではホームヘルパーの人材の育成が急務だと言われています。

ホームヘルパーの仕事は大きく3つに分けることができます。

  • 食事や排泄、洗髪や体を洗うことなどの身体の介護。
  • 調理、洗濯、買い物などの家事に関する介護。
  • 相談に乗ったり助言を与える。

ホームヘルパーになるためにはホームヘルパー1級、2級、3級の資格が必要となり、それぞれ有する資格によって出来る仕事も変わってきます。

3級では家事に関する仕事だけ。

2級になるとホームヘルパーとしての仕事全般。

そして1級を持っていると、後輩の指導や育成ができるようになります。

この中ではホームペルパーを2級を目指す人が最も多くなっており、また2級を最低限として求める求人も多くなっています。

ホームヘルパーの資格は高校や専門学校などに通って合格を目指す人もいますが、自宅で通信講座などを利用して取得することも可能となっています。



サブコンテンツ

福祉のお仕事

このページの先頭へ