保育士と幼稚園教諭の違い

子供たちに「将来の夢は?」と聞くと、幼稚園・保育園の先生という言葉が返ってくることがよくありますが、この2つの仕事は全くとは言いませんが同じ職業ではありません。

まず保育園と幼稚園では管轄の国の機関が異なります。
保育園は厚生労働省。
そして幼稚園は文部省ですね。

このことからも保育園はどちらかというと、「保育」。
赤ちゃんや子供が健やかに育つ環境や安全を与えるという意味が強くなってきます。

逆に幼稚園の場合、公立の小学校や中学校と同じ文部省の管轄ですから、どちらかというと「教育」といった意味合いが強くなります。

小学校の前の段階として、歌やお遊戯を通してコミュニケーションを学んだり、歌を歌うなどをして子供の感性なども育てていくようなものですね。

実際にこの2つの仕事内容を見てみるとそこまでの大きな違いはないのですが、資格を取るときなどにはこの要素がより強くなっています。

大学や短大に入る前から、保育士や幼稚園教諭を目指している人はこれらの資格を両方取得する方も多いようですが、色々な職場を見て自分がどちらを目指すのがやはり一番良いかもしれませんね。



サブコンテンツ

このページの先頭へ