保育士試験の受験資格は?

保育士試験は基本的に非常に門戸の開けた資格ですので、特に年齢制限のようなものはありません。
とは言っても完全に誰でも受験できるものでもありませんので、受験資格のようなものは必要となります。

細かい保育士試験の受験資格は保育士養成協議会のホームページをご覧になってもらって、こちらでは大まかに保育士試験にを受けるための資格をご紹介したいと思います。

【保育士試験の受験資格】

  • 大学卒業の者
  • 大学で62単位以上獲得、もしくは獲得する見込みのある者(大学の長の証明が必要。)
  • 短大を卒業、もしくは卒業見込みの者
  • 平成3年3月31日以前に高等学校を卒業した者
  • 平成8年3月31日以前に高等学校保育科を卒業した者
  • 平成4年以降に高校を高等学校を卒業し、その後児童福祉施設や放課後児童クラブに2年以上2880時間以上勤務した者
  • 児童福祉施設や放課後児童クラブに5年以上7200時間以上勤務した者

以上のものが最低限持っていなければならない保育士試験のための受験資格になり、この他にも、大学や短大を卒業してなくても専門学校や高等専門学校を卒業した者でも受験は可能です。

このように見ると、高校を卒業した後に児童福祉施設で数年働く以外には、高校卒業後に大学や短大、もしくは専門学校に保育士試験を受けるためには行かなければならないようです。

これらの受験資格を証明するものが申し込みをする段階で必要となりますので注意しましょう。
これらの受験資格をしっかりと有していればあとは、合格に向けてしっかりと勉強するだけです!



サブコンテンツ

このページの先頭へ