保育士の男性はどれ位いるの?

近年では男性と女性の差のようなものが少なくなってきていると実際に社会に出てみても感じることですが、どうしても女性というイメージが強い保育士という職業はどうなっているのでしょうか。

ちょっと気になって調べてみたのですが、厚生労働省の調べによると保育士の男女の比率はおよそ女性95%に対して男性が5%程度とまだまだ男性は非常に少ないのが現状です。

もしかしたらこのような現実は保育士を目指す男性の足かせとなってしまうのかもしれませんが、私個人的な感想としてはやはりもっと男性の保育士さんの数も増えて欲しいと思っています。

昔から子育ては女性の仕事というイメージを持っている方も少なくないかもしれませんが、やはり男性と女性では得意とする分野に違いは確かにあると思います。

しかし子供にとってはその違いを知ることで、少なからずメリットを得ることもできるのではないのではないでしょうか。

お父さんが仕事で忙しいとなると、やはり子供は男性と接する機会というのも極端に少なくなるでしょうし、それが弊害に繋がるとは一概に言うことはできないのでしょうが、やはり男性、女性の両方と接する機会というのは子供にとって重要なことだと思います。

今現在の状況を見ると、この男性の保育士の数はこの先どんどん増えていくとは思いますが、それにつれてこうした職業の男女差別もなくなっていくことを個人的は願っているのですが、どうでしょうか。



サブコンテンツ

このページの先頭へ