保育士試験は独学で合格できる?

保育士になろうと保育士試験を受ける前に、塾などに行くべきかもしくは独学で勉強を行うべきかということで悩む方もいらっしゃるでしょう。
塾などに通うとなるとどうしても費用が掛かったり、時間が取られたりすることになりますが、合格に向けて色々と助言をもらったり、また同じ目標を持った仲間を見つけられるというのは非常に魅力的な点だと思います。

しかしそれでもやはり費用も手間も掛けずに合格するためには独学が一番ですし、何よりも自分のペースで勉強をすることができるのが良いところではないでしょうか。

ここで結論から言ってしまうと、保育士試験の場合、筆記試験である一次試験の方は科目が多くちょっと大変そうですが、独学の勉強でも十分に合格することができると思います。

というのも保育士試験の問題は比較的易しいものが多いので、ちゃんと勉強をしていさえすれば、ちゃんと理解できるものばかりが多いんです。
これはあまり参考にならないかもしれませんが、私がまず一科目をちゃんとテキストを読んで勉強し、その後過去問題でその科目を解いてみたところ、あっさり合格点を上回ることができました。

私は決して勉強のできる方でもありませんでしたので、私にできるのであれば他もきっとほとんどが出来るのではないかと思います。
しかし一つ一つの問題は易しめですが、何より科目数が多くなっていますので、全部を合格するというのはちょっと難しいかもしれません。

もし時間に余裕があるのであれば、合格した科目は翌々年まで繰り越せることになっていますので、ちょっとづつ勉強をして2,3年で全てを合格する計画でも良いのではないでしょうか。

独学でもプロのアドバイスが欲しい方はこちら→【生涯学習のユーキャン】100以上もの通信講座を開講中。教養・趣味・技能・資格と人生を豊かにする様々なコースがあります。



サブコンテンツ

このページの先頭へ