イメージ画像

子供大好き!
憧れの保育士になるために。

保育士になりたい!

保育士 資格

保育士とは最近になってよく使われる言葉のような気がしますが、人によっては保母さん、保父さんなんて言葉の方がしっくりくるかもしれません。

この保育士という職業は昔から女性に人気の職業となっていて、最近男性の保育士の方も増えてきたとは言え、やはりまだまだ女性中心の職業となっているようですね。

子供が元々大好きで子供たちと一緒に時間を過ごせる仕事に就けたらどれだけ幸せだろう!と考えている方もきっと多いのではないでしょうか。

そんな保育士ですが、思い立ってすぐになれるといった職業ではありません。
一人のお母さんがお腹を痛めて産んだ大事な子を預かる職業なわけですから、そんな無責任に保育士にするわけには決していかないんですよね。

ですのでまずは保育士になるためには、保育士になるための試験やその他の様々な条件をクリアしなければなりません。

この保育士になるための条件は大きく分けると、保育士試験という国家試験を受験するか、もしくは保育を専門とする大学や短大、専門学校などを卒業するということになります。

国家試験で合格するためには自分の力で勉強をする必要がありますが、頑張りようによっては短期間で保育士の資格を得ることができます。
逆に学校などに通う場合は試験自体は受けなくて済みますが、その分学校を通うためにそれなりの期間が必要となります。

保育士を目指す人は、まずはどちらが自分にとってより良いのかを考え、自分に合った道をまずは選ぶようにしましょう。

あなたが保育士になりたい理由は?

保育士

誰でも何かを目指すときにはその理由が必ずあることと思います。
保育士を目指している方や実際に働いている人の話を聞いていると、やはり「子供が好きだった」、「昔から保育園の先生に憧れていた。」などという志望動機が多いようですね。

そんな夢を最初に持っていても、その夢を叶えるためにはどうしてもしなければならないことというのは出てきますので、そういった所で挫折をしてしまう方ももしかしたら少なくないかもしれません。

そういったときに自分の助けとなってくれるのが、意外と最初に自分が考えた志望動機だったりもします。

初志貫徹などと言うとちょっと古臭い感じになってしまうかもしれませんが、このことも一つの真実だと思います。
やらなければならないことを楽しくするためにも、是非あなたが保育士になりたい!と思ったその最初の志望動機を決して忘れないようにしたいですね。


サブコンテンツ

このページの先頭へ