児童相談所の心理判定員の資格と仕事

児童相談所には心身の障害や家庭の環境問題によって訪れる方がほとんどですが、その中には精神的・心理的な問題を抱えている方も多くいます。

心理判定員はそんな精神的・心理的な問題を抱えた人に対して、心理学の専門的知識を元に、問題の解決へのアプローチを考える専門家です。

児童の気持ちを知るために心理判定員は基本的にカウンセリングを中心に行いますが、心理学の方法に基づいたゲームなどを利用することもあります。

そしてこれらの面接によって得た結果を児童福祉司や医師の方と相談しながら、最適な処置を決定していくことになります。

この心理判定員になるためには公務員試験に合格するということと同時に任用資格というものが必要となります。

心理判定員の任用資格は以下になります。

【心理判定員の任意資格】

  • 厚生大臣指定の児童福祉司・児童福祉施設職員養成学校を卒業した者、または厚生大臣指定の講習会修了者。
  • 大学で理学、教育学、社会学を専攻した者。
  • 医師免許取得者
  • 社会福祉主事として2年以上児童福祉事業に従事した者。
  • 上記に準ずる者で、必要な学識経験がある者。

となっています。



サブコンテンツ

福祉のお仕事

このページの先頭へ