児童福祉司の資格と仕事

児童福祉司は児童相談所などの公的機関で、心身の障害や家庭の不和、そして非行などで悩む児童、もしくは保護者に対して支援、カウンセリングなどを行います。

問題の抱えた児童の家庭などの環境の調査を行い、医師や心理を専門家などと協力して問題の解決を目指しますが、場合によっては児童の保護者に対しても同様の支援を行うこともあります。

その他にも実際に学校などに通い、公演や研修などを行うこともあります。

児童相談所などは公的な機関となるため、児童福祉司となるためにはまずは公務員試験に合格しなければなりません。

その他に必要な資格として児童福祉司の任用資格が必要となります。

児童福祉司の任用資格は以下の中の一つに該当しなければなりません。

【児童福祉司の任用資格】

  • 大学で心理学、教育学、社会学のいずれかを専攻し、卒業後、厚生労働省で定める福祉施設などで実務経験を1年以上積んだ者。
  • 厚生労働大臣指定の養成機関を卒業した者。
  • 医師免許取得者
  • 社会福祉士取得者

近年では少子化と反比例するように、児童相談所を訪れる人口は増加しています。

そのため、この児童福祉司の役割はこれからさらに増加すると見込まれています。



サブコンテンツ

福祉のお仕事

このページの先頭へ