福祉の仕事ってどんな仕事?

福祉のお仕事と一言で言ってもその種類は様々なものがあります。

福祉というとどうしても介護の仕事を想像する方も多いかもしれませんが、実は保母さんや保父さんなども福祉のお仕事に含まれるのですね。

そこでここでは福祉の仕事にはどんな種類のものがあるのか、簡単にご紹介していきます。

福祉のお仕事

  • 介護 : お年寄りや障害者の方の介護の仕事。訪問介護やデイケアなど様々な種類がこの中でも分けられる。
  • 保育 : 幼稚園や保育園の先生を主に指しますが、託児所などもこの分野に含まれます。
  • 医療・看護 : 看護師さんやリハビリテーションを行う指導医、理学療法士の方なども含まれます。
  • 栄養・調理 : 栄養士さんや調理師さんなどがこの分野に含まれます。
  • 相談・援助 : 社会福祉士、生活相談員など。
  • 運営・管理 : 上記を運営している施設の運営、もしくは管理を行っている方たちを指します。

ざっと分けてしまうと福祉のお仕事は上記の六分野に分けることが出来ます。

福祉のお仕事をしたいと考えている人は、「自分には何が一番向いているのか。」「自分は何で貢献できるのか。」をしっかり考えて仕事の種類を選ぶようにしましょう。

また職種によっては資格の必要なもの、そして必要でないものがありますので、資格が必要な職種であれば、事前にしっかりと合格しなければなりません。

そして思い立ったらのならば、実際に働き出す前に、ボランティアなどで事前に実際に働いてみることをお勧めします。

そうすることで、「こんなはずじゃなかった…。」という失敗をする可能性が大幅に少なくすることができます。


サブコンテンツ

福祉のお仕事

このページの先頭へ